土地の鑑定を行うことで|不動産の効果的な利用方法

House

選択肢が広がります

早いうちに中古ワンルームマンションを1つ保有しよう

もしも不動産を保有しつつ、一人暮らしをしているようであれば、賃貸から保有に切り替えてみましょう。中古ワンルームマンション等を購入する場合にもローンを組むことができます。うまくローンを組むことができれば、支払い続けている家賃がローン返済となり、いずれは自分のものになるのです。そしてローンを完済できた後には、毎月の負担がなくなります。その時点でマイホームを購入して住み替えれば、住んでいた中古ワンルームマンションから家賃収入が発生し、これを住宅ローンの返済に充当することができるのです。中古ワンルームマンションは1000万円前後で購入できます。

不動産を持つことで

投資には時間的要素がとても重要になってきます。中古ワンルームマンションを早いうちに購入しておけば、ローン完済後にはかなり家計を助けてくれます。マイホームを購入ではなく賃貸にしたとしても家賃分を補てんすることができますし、また、抵当権が設定されていない不動産を保有していれば、次の不動産投資も手掛けやすくなります。早いうちに一つ不動産を保有しておくことで、その後の選択肢が大きく広がるのです。できれば20代のうちに中古ワンルームマンションを1戸保有しておくと良いです。中古ワンルームマンションは売ることもできますので、もしも手掛けてみて自分に合わないと思うようであれば、不動産会社に任せて売却することもできます。